守破離

最近、守破離って大事だなって思いました。これっていろんなことに通じることだと思います。
プログラムコードを書くとき、基本は真似から始まります。

忠実に同じ事をやってみます。そこでいろいろ考えて少し改良してみます。改良に改良を加えることでオリジナルができます。

う~ん、なるほど。確かに。

いきなり元のコードを参考にオリジナルを作ってみるといろいろなところでバグができてしまいました。

なんでだろって考えて同じコードを書いて実行して確かめる。

あ~、ここか。ってわかったことが何度となくあります。

つまり守破離でやった方が早いって事ですね。

まず基本に返って元のコードをじっくりと読み実行、これ大事だな。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です