ワードプレスメニュー表示タグ

またまたワードプレスです。
今回はページ生成させたときのメニュー表示です。
トップページだけ表示されないのでHOMEリンクだけつけてやればよいですね。カスタムメニューの表示方法もご紹介します。

フッターリンクやメニュー作成に役立ちます。


スポンサーリンク


1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
<?php $defaults = array(
    'depth'       => 1, // 階層制限、0は制限無し
    'show_date'   => '', // それぞれのページの登録日表示します。デフォルト値は空です。'modified' 最終更新日を表示します、'xxx' modified 以外の値は作成日 (post_date) を表示します。
    'date_format' => get_option('date_format'), // 上記のパラメータで使うページの日付の書式を設定します 
    'child_of'    => 0, // ページの子ページに関する階層制限
    'exclude'     => '', // 除外されるページID番号
    'exclude_tree'=> '', // 除外したい親ページIDをカンマ区切りで指定します。親ID以下は除外
    'title_li'    => '', // ページリストの見出しのテキストとスタイルを設定します。
    'echo'        => 1, // 結果は表示
    'authors'     => '', // 指定した著者 ID (複数の場合はカンマで区切る) のページのみを表示します。
    'number'      => 8, // 表示数
    'sort_column' => 'menu_order', // 'post_title','post_date','post_modified','ID','post_author','post_name' 
    'sort_order'  => 'asc', // 'asc'低いほうから高いほうへ並び替えます、'desc'高いほうから低いほうへ並び替えます
    'link_before' => '', // <a> タグリンクの前に表示されるテキストまたは HTML
    'link_after'  => '', // <a> タグリンクの後に表示されるテキストまたは HTML
    'offset'      => 'no OFFSET' // ページの取得開始位置を飛ばす数です 
);
?>
<?php wp_list_pages($defaults); ?>

上記は設定で利用する場合にのみ記述した方がよいですね。下記が簡単に書いた場合です。

1
 <?php wp_list_pages('depth=1&sort_column=menu_order&title_li=' ); ?>

カスタムメニューの設定方法

ワードプレスには3.0からカスタムメニューができるようになりましたのでその方法をご紹介します。
まずfunctions.phpに下記を記述します。

add_theme_support( 'menus' );

これで管理画面の外観からメニュー表示がされます。ここでメニューの作成をするのですが表示させる側はにタグが必要になります。

header.phpが多いと思いますが。

<?php wp_nav_menu(); ?>

と記述したらできあがりです。
メニューのコンテンツにより特定のものだけを表示する場合はメニュータイトルを指定してあげればよいです。

<?php wp_nav_menu(array('menu' => 'custom' )); ?>

以上です。

Pocket
LINEで送る


スポンサーリンク

コチラの記事もどうぞ!
You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントをお寄せ下さい

Subscribe to RSS Feed Follow me on Twitter!